スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠しました。(主に俺的な人が。

今から一週間、下のお題にそったイラストを1日1枚消化してください。
ジャンルは不特定でNLでもBLでもGLでも何でも、とりあえずフリーダムに
お題↓
一日目、うさみみ
二日目、着物
三日目、執事
四日目、メガネ
五日目、ポニテ
六日目、猫耳
七日目、これならギリギリ載せられるだろって感じのやつ

〇地雷バトンです。見たら必ずやってください(←絵描きさんじゃなくてもトライ)

〇見た人は履歴に残ります

〇タイトルは
妊娠しました、告白されました、もうブログやめます、もう人生やめます、素顔見せます



え( ゚д゚ )
うそ、このタイトルで踏む?地雷。

わかるやん(笑)
明らかにおかしいやん。まぁ、踏んだからにはやりたまえ。
無かったことにはすることは許さん(`・ω・´)

1度やった人ももう1回だ。地雷が以下に面倒で迷惑な事か思い知れ!!
しかもこんな何日も拘束される地雷・・・



これ面倒すぎじゃない?
長ぇしよー(怒)

なんだよ、1週間って しかも絵って!
せめて「お題について記事を書いてください」ならっ!
それなら熱い討論ができるのに!!

はぁ・・・しかもこれめっちゃ広まってて色んな所で踏みまくったんやけど(笑)
あえて止めようかと思ったけど、踏ませたのにやらないってのは気が引ける。
仕方ないからやるけど・・・ 絵描くのダルイナー
今度から載せてく。
ってか、こんな皆やってるのと同じな事してコメされるとは思えんのやけどっ!!
ぶっちゃけバトン消化中の記事って誰がやってたとしても面白くないしっ(笑)
俺自身コメしづらいしっ!

でも。僕の友達にやった人もいるんだよね。
だからその人たちを見習って頑張ります。


今日はちょっとヤサぐれ気味のしろねこでした。
ご機嫌斜めなの。引っかいてやる。



したらなっ(   )ノシ

追記にコメレェェス&前記事の答え合わせ・・・・

続きを読む

『俺、彼女できたよ』「俺は別れたよ」『だって俺が寝取ったもん』「・・・・。」( ゚д゚ )

はよ~(´・ω・`)

どうも、しろねこです。


今日はね、前に言ったとおり怪談話を1つ。
しようかと思ったけどどうしよ・・・

黒猫さん曰く、幽霊の話をすると幽霊がよってくるらしいじゃないですか。

だから稲川順二とかは怪談話が尽きないのか(´・ω・`)


でも、1度やるっていったからにはやるよ!
男だもん!!
それに一緒にお風呂に入ってくれる人も出てきたもんっ!(笑)

それでは、どうぞ~。



今から私が話すのは全て実話にあった事です。
しかし、信じるか信じないかは
アナタ次第です。






ある1人暮らしのOLのA子さんが風邪を引いて寝込んでしまいました。
なんとか会社には病気のために欠勤する事を伝え、布団の中で横になっていました。
風邪薬を飲み、明日買い物に行く予定だった仲の良い友達にもメールを送りました。
風邪薬が効きだしたのかA子さんは眠ってしまいました。

しばらく眠りに落ちていると何かの音が微かに聞こえてきて目を覚ましました。

寝ぼけていたためか何の音か分かるまで少し時間がかかりましたが
あまりにもなり続けるために徐々にインターホンの呼び鈴の音だという事に気がつきました。


(あぁ、友達がお見舞いに来てくれたのかな。)


気だるさを堪えつつ、玄関に向かいドアを開ける
が、誰もいない。 
あれ?と思いつつ周りを見渡すと隣の部屋のインターホンを押し続ける女性がいた。


(なぁんだ、隣の部屋のチャイムが聞こえたのか。けど、確か隣の部屋って先月から空き部屋になったんじゃなかったけ?)


A子さんはそう思いながらもドアを閉めベットに戻りまた、眠りについた。


翌日、A子さんの体調はだいぶ良くなったがまだ微熱があるため
友人との買い物は明後日の日曜という事になった。

友人との約束のためにも、とまた風邪薬を飲んでベットに行こうとしたところ


ピーンポーン。

インターホンが鳴りドアを開けた。
が、また誰もいない。
周りを見ると昨日の女性がまた隣の部屋のインターホンを鳴らし続けている

(またぁ?なんなんだろ・・・あの人、ちょっと不気味だわ)

怪訝に思いドアを閉め、また部屋に戻りベットにもぐり眠りについた。

ふ、と目が覚め時計をみると、4時間くらい寝ていたのだろう、時計の針は13時を指している。
また、うとうと・・・・とまどろんでいると微かに

ピーンポーン。

と音が鳴り響く。

(えぇ・・・?まだやってるの・・・その部屋には誰もいないのよ・・・ストーカーなのかしら。)


ピーンポーン。

ピーンポーン。

ピーンポーン。

ピーンポーン。

ピーンポーン。

ピーンポーン。

ピーンポーン。

ピーンポーン。


(あぁ!もう!!うるさいわねっ!ちょっと文句の1言でも言ってやろうかしらっ!!)

寝起きと風邪気味という事もあり、A子さんは荒々しくドア開けインターホンを鳴らし続ける女へ向かって怒鳴った。


「ちょっとアンタ!いい加減にしてよっ!あんたがインターホンばっか鳴らすから!私の部屋までその音が聞こえてうるさいのよ!!大体、その部屋の元住人!先月、精神科の病院に長期入院なったって!だからもうその部屋には誰にもいないのっ!」

女性はインターホンを鳴らす指をすぅ・・・・っと降ろすとゆっくりとA子さんの方を見た。
黒の長髪で、手入れもしてないのが遠目からみてもはっきり分かるくらいにボサボサだった。
髪と髪の間から見える肌は青白く本当に血が通っているか疑いたくなるほどだった。
そして、こっちを見る目は濁った灰色の目をしていて・・・・

あまりの嫌悪感に思わずA子さんはドアを勢いよく閉めてしまった。


はぁ・・・とため息をつきベットへと向かおうとする 
と、違和感を感じた

(なんだろう?私、さっき何て言った?隣の部屋?インターホン・・・・?)




っっっっ!!!!!!!!


気付いてしまった。 気付いてしまった。そうだ、そんな事あるはずがないじゃない。
なら、いつから?一体いつから彼女は?

駄目だ、汗が、吐き気が、震えが止まらない。

とりあえず、ベットに・・・・


バリーンッ

窓がっ!
あ、あぁ・・・彼女が・・・
誰か・・・・誰か・・・助ケ・・テ





はい、こんな感じですね。
文が途中からA子さん視点になってるのはその方が雰囲気出るかもって急遽直したからです。
後、落ちは適当に〆ました。見てわかるように完全に燃料切れ起してます。(笑)

え?何が怖いのか分からない?



フフフ、そこがポイントなんですよ。( ̄ー ̄)ニヤリ
何度も何度も読み直してください。意味が分かればそれなりに怖い話ですよ。

一応ヒントをあげます(^ω^)
「女性は隣の部屋のインターホンを押し続けていた」
そして
「A子さんはインターホンの音がうるさくて怒っていた」
という事です(`・ω・´)


まぁ、ここまで言えば分かりますよね。
分かった人はコメントに非公開にして何が怖いのかを書いてくださいね( ^,_ゝ^)ニコッ

絶対に非公開ですよ?次回の記事にタネ明かしして
「え?そんだけ?微妙・・・」って皆をガッカリさせるんですから(笑)


あ、余談ではありますが。
りぃあ♪さんに感化されてランキングってのを追加してみまみま(噛んでない。)

左下にあると思いま。ぜひ1ぽちお願いします、1ぽちするとどうなるかは知りません。
てか、ランキング自体何?って話なのですけどね・・・
なんか色んな人のブログで「ランキングの~」とか言ってるんでそれに乗っかりました!
これアレでしょ?1ぽちされると人がいっぱい来てくれるんでしょ?

なら押されなければ!と思いまして(´・ω・`)


「コメするの面倒」とか「なんてコメしていいかわからん。」って人はコメしなくても

1ぽちして下さい。


さて、今日はこんな感じかな。

ではでは。みまみまさま(噛んでないもん)また次回の更新まで


したらなっ(`・ω・´)ノシ



追記にコメレェェェス!!ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

続きを読む

メール誰からもこないの分かってるのにセンター問い合わせしちゃう


はよ~(´・ω・`)ノ


なるほど・・・

文だけでも、いいんだねっ!


まぁ、だからと言って乱文ばっか載せるわけにもいかないんで(笑)

とりあえずは場面ごとの改行とか文字の大小や強調なんか使って少しでも飽きられないようにしますかね(^ω^)


やっぱ少しでも改善の余地があるのは直したいし、でも、文だけでも良いって言ってくれる人もいるから
ベースは文章って事にする♪

で、その日の気分によって何か写真とかおまけで付けようかな。


ご意見書いてくださった人、本当にありがとう(´;ω;`)ウッウッ




皆さんはこんな体験したことはありませんか。



寝室にて「そろそろ寝るか・・・」と思い電気を消し布団に入り目を瞑る
寝よう寝ようと思っているが中々寝つきがよくなくついつい目を開いてしまう
すると、なぜだろう。なんて事ないはずの・・・窓が気になる。



今。

窓の外で誰か見てなかった?




そんな事あるはずない。


なんて頭の中で馬鹿にしながら否定する
だけど、頭の隅に残る一抹の不安 



「本当に?」



もうあなたは不安につつまれ眠るどころでは無くなり
ナニかの恐怖から逃げるかのように布団を頭までかぶる
直接ナニカを見たわけではない
だけど、あなたの頭の中にはくっきりと残ってしまっている。
見てもいないはずの、窓の向こうでこちらを見ていたナニカを・・・

恐怖に脅えながら必死でも眠ろうともがいている内に寝てしまい
朝になると何事もなかった事に安心し、脅えていた自分を馬鹿らしく思いながら  
普段の生活へと戻っていく




窓の外のナニカとは何だったのだろう。
本当にそのようなモノがいたのだろうか?
いたとするのなら何故アナタを見ていたのだろう。



本当に何もなかったのでしょうか?



もし、本当にナニカが見ていたとするのなら・・・
アナタが気付かないだけで。
実はもうアナタはそのナニカの餌食なったのかも知れませんよ?






続きましては、こんな経験した人もいるのではないでしょうか?




あなたはいつもの様にお風呂に入っている ご機嫌な歌を口ずさみながら湯船に浸かっている
湯船をあがり髪を洗おうと椅子に腰を下ろす


鏡に反射され映った像にドコか違和感が・・・


でも、別段おかしい所はない、気のせいなのか と思い頭をぬらしシャンプーをつけ洗い出す

なぜだろう。普段なら全く気にもしないはずなのに、何かを感じる。
ふと頭の中にある想定が浮かぶ


「私の後ろに誰かが立っていて私を見下ろしている・・・・?」


サッ!と振り向くも誰もいない。
何だ、と思った瞬間。またある思いが頭をよぎる


「振り向いた先の鏡に写る、自分の後ろにいるハズのナイ、ナニかが写っている」


振り向けなくなるあなた。鏡を見るのがとても怖い 
鏡の向こうの自分が自分ではないのではと思えてきてしまう。

1度思ってしまったら最後、あなたは風呂場にいるのが気が気ではなくなってしまう。
何もないはず、頭では思っていても全然落ち着かなくなってしまった。



あるはずもないモノの存在を漠然と感じ取ってしまう。
頭では無いと思っていても、何故かとても不安になってしまう。

果たして、それは本当にあなたの思い過ごしなのですか?


なにかを感じてしまったり、思ってしまうという事は
ナニかヨクナイモノの気配を感じているのではないでしょうか

そしてそれはきっとあなたの勘違いや思い過ごしなどではなく
本当にあなたの側まで来ているのですよ


今日のお風呂や寝る時は気をつけた方がいいかも知れない。
「そんな事あるわけない」と思えば思うほどアナタはソレの存在を
よりリアルに感じ取れてしまう



まだ信じていないようですね。これは主のしろねこが皆さんを
怖がらせようと適当に書いた事だと。


そう思う方はそれでも構いません。



では、この文を読んでいるであろう全てのアナタに

質問があります。



















アナタの後ろで不気味に笑っている

髪の長い女性は誰ですか?



























ばぁっ!!!!



はーい、今日の記事読んで思わず後ろ振り向いたり怖くなった人は必ずコメしなさーい(笑)
夏だからねー、肝試しがてらにちょっと皆の背筋でも凍らせようかな~
って怖い系の話にしてみたんだ(`・ω・´)


ちなみにしろねこは幽霊とか大ッ嫌いだから仕返しに怖いのとかされたら本当に泣くからね
本当に駄目なんだからぁ・・・(((((((( ;´・ω・`)))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル


ちなみに次回も怖い話にするかも。
その時はこーゆードッキリ系じゃなくてリアルに広まった怖い話を

しろねこ自身が書いてて怖くなっちゃう可能性大なので多分1本だけです。

だって、今現在後ろ振り向けません・・・・(´;ω;`)

誰か助けて(笑) 一緒に風呂入るor寝てくれる人募集(´Д`)←おい


ちなみに紫文字の語り部分には「世にも奇妙な物語」のタモリさんのような喋り方で
BGMもその番組のアレを頭の中で流してくださいね


では今日はそれなりに満足いく記事が書けたので気分よく夜更かしできそうですっ♪


え、寝ませんよ?だって、怖いもん(´・ω・`)


読んでくれてありがとう(^ω^)また次回の記事もよろしくね♪
したらなっ(`・ω・´)ノシ


追記にコメレス

続きを読む

マイブームはみみかき

はよ~(´・ω・`)ノ


最近コメの数とかが少ないのになれてきたしろねこです。


自分のブログ読みなおして思ったんだけど・・・・お世辞にも良いブログだなんて言えないよね。

って事で今日は自分のブログの駄目な事について書こうと思います。


第1。

やっぱ長いよね。なにより
多分来てくれた人も「長・・・読む気なくなった。」とかなって帰ってるんだと思います。


第2。

共感を得るような記事が少ないよねー。身内ネタばっかで
初めて来た人でも「あぁ、確かに」ってコメしたくなような記事を書かないといけないかな


第3。

ブログに華やかさがない。
前々から言ってるけど文だけやから飽きるね。せめてもっと色つけたり文字の大小とかね。


第4。

文章力がない。読む人を引きつけるような文章構成じゃないよね。
ただ、思った事とかを羅列してるだけ。だから、話言葉とか方言が出て読みづらい


第5。

文字数が多すぎ。余計な事まであれもこれもと書くから最終的にゴチャついて見づらい


第6。

何が言いたいのか分からない。話が飛びまくってるから結局「それで?」って感じなる
だから何てコメして良いかわからない。


第7。

記事の内容に深さがない。だからもう1度読もうかなとか全然思えない。


第8。

目的がブレて雑になってる。「読んでくれる人が楽しく思える記事を書く」じゃなく
「とりあえず読んでもらうためにとりあえず記事を書いている」に変わっていた。



ま、自分で読み返してもこんだけあがるんだもんなー。

ましてや他人が読んだらもっと酷評が出るんだろうね(´・ω・`)


後、こっから見てくれる人にお願い。

しろねこのブログのここが駄目・良くないって意見教えて下さい。

どんどん悪く言ってください。全然失礼になりませんし、むしろ悪い所あげてくれた方が嬉しいです。

できれば解決案も教えてもらえれば僥倖です。


例えば、「コメ返読みたいけど追記まで読むのだるい」→「記事の最初にコメ返して」
 
みたいな感じで。もちろん解決策はなくても結構ですよ。


「テンプレートの幅がせまいから読みづらい」ってだけでも良いんで。


ご協力よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

風呂場で歌うと上手に聞こえる

はよ~(´・ω・`)ノ


書くことないのに更新しちゃった\(^o^)/


てことで、僕と中学からの親友達との思い出話をば少々書いて

今回の更新は終わりw


友人A「ふぅー、よぉ。この半荘終わったら外行かんけ?」

B「いいな、たしかに流石に5回も半荘ノンストップでやってると麻雀も飽きるなw」

しろねこ「でもどこ行くよ?もう夜中の2時回ってるべよ?('A`)」

A「んー、とりあえずは、ろーsんでタバコ買ってうろちょろするかぁ」

B「チューハイも買ってこーぜー。にしても麻雀7時間もやってたんやなーw」

~ろーsん~

A「ほい、これで全部やろ?B、レジ行ってきてや」

B「また俺の支払いかよ」

しろ「花火も買っていこー。」

B「それはしろが払えよー?」

しろ「え?(^ω^)」

B「払えよ」

しろ「え?(^ω^)」

B「払えって」

しろ「え?(^ω^)」

B「だからはr」

しろ「え?(^ω^)」

B「だk」

しろ「え?(^ω^)」


結局、全部Bが払ってくれましたwやっぱ持つべきものは財布友達だよねっ★


~広場にて~

B「俺もう財布ん中 帰りの電車賃しかねーんやけど」

A「ちょっとそれ使ってコーラ買ってくれやw」

B「お前は鬼かっ! 俺、また更にお前らの家泊まる事になるげ!」

しろ「おいおい、Bよ。」

B「うん?」

A&しろ「俺ん家には来るなよ。」

B「こいつらひでぇ!?」

A「いやいや、しろ。今日俺があのゴミを部屋に仕方なく泊めたんやで、次はお前の番だろ。」

しろ「やだよ、俺カーテンとかベッドに臭い染み付いたら困るもん」

B「A!てめぇ!人の事を堂々とゴミって!!しかも仕方なくってなんだ!後、しろねこ!鼻をつまむなっ!臭くねぇっ!俺は生ゴミの臭いなんかしねぇ!!」

A「B」

B「あん?」

しろ「お前が生ゴミなわけないだろ(・∀・)」

B「ほうじゃ、俺は普通の人間じゃ」

A「生ゴミは腐れば肥料になるからな、その分地球の役に立っている。何の役にも立ってないお前はそれ以下のクズだろう」

しろ「例えるなら、さしずめ・・・産業廃棄物か何かだよね。」

B「死なすー!!死んでしまえばいい!!」

A「あっつ!おま!手持ち花火は人に投げるもんじゃねぇぞ!」

しろ「そうだって!落ち着けって!産廃!」

B「略すなーっ!呼ぶなーっ!」


10分ほど花火から逃げ回るはめに・・・ 産廃君は何が気に入らないんだろう?


ドコォ!

B改め産廃「ぐふぅ・・・・・」ばたっ

A「はぁはぁはぁ・・・疲れた」ドスっ

しろ「めっさ汗かいたやんけ」ドスッ

産廃「うっ!うっ!」

A「さーて、どする?場所変えるか?だいぶ騒いだし・・マッポ来たら流石にやばいべ」ドスッ

しろ「そうだなぁ、産廃。どっか場所変えようぜ」ドスッ

産廃「ひでぇ・・・とびひざ蹴りかましてノックアウトしてるヤツに更に追い討ちに蹴りかますなんグォホっ!?」ドスッ

A「さ、適当に場所変えるかw産廃の家の前の公園でも行く?」

しろ「いいねwおい、産廃。行こうぜw・・・って、どうしたんだ?地面にキスなんかして。頭に蛆でもわいたの?」

A「おいおいwしろ。蛆が食べるほどこいつの頭の中にミソはない。」

産廃「俺、時々・・・何でいつもお前らと絡んでいるのか自分でも不思議なるよ。。。」



もちろん♪僕らの間には熱い友情(笑)があるからに決まってるじゃないか。




~公園~

A「第7回~、どきっ、あなたの好きな人に大告白大会ー。」

しろ&産廃「よーっ!!」パチパチパチ

産廃「てか何で7回?まだ2回目じゃね?」

しろ「7回って言っておけばそれなりに歴史があるんだなって閲覧者が思ってくれるだろ。」

A&産廃「閲覧者??」

しろ「エフンッエフン!!」

A「まぁ、いいか。じゃ早速始めるか。誰から行く?」

産廃「そうだな、まずしr」

しろ「説明しようっ!!大告白大会とはっ!」


大告白大会とは・・・自分になりかわった誰かが自分の本命で狙っている子へ猛烈なラブメールを送るというゲームだ。


1、じゃんけんで順番を決める。勝った順に誰になりすますかを決める
例:1が3になりすまし、2が1になりすまし、3が2になりすます

2、本命の女の子に自分の考える最高に熱いラブメールを作る

3、送信して返信があれば更にラブメールを送り続ける

4、恋を実らせたら飯を奢ってもらえる



しろ「と言うことなのだ。」

A「しろ・・・・?どしたん急にw」

産廃「1度やってるから知ってるけどw」

しろ「知らない人がいるからねw画面の向こうには」

産廃「画面?」

A「いいやん、別に、ほれ。じゃんけんぽん。」

俺 ぐー
A ぐー
産廃 ちょき

しろ「じゃんけんぽん」

しろ ぱー
A ぐー

しろ「じゃ、俺は産廃の」

A「俺はしろの」

産廃「俺はAやな」


メール作成中


A「こんなもんやな」

産廃「俺もでけた。しろは?」

しろ「ちょい待ち、見直す」


タイトル 僕の愛しき人よ

本文:あぁ、君はなんて美しいんだろう。その姿はまるで荒地に咲く1輪の真っ赤な薔薇のようだ。
百合のように可憐ですみれのように清楚だ。僕はそんな君をずっと近くで愛でたいんだ。
そのさらさらな髪を櫛で梳いてあげたい。そして、その水々しい肌に触れてみたいんだ。
君の側にいて君を守りたい。君は姫なんだ。そして僕は君を守る騎士だ。
姫よ、僕にあなたを一生守らせてほしい。そして、そのひまわりの様な笑顔を絶やさず見せてほしい。

僕だけの姫になってください。






しろ(・・・・おぇ。 我ながらなんて気持ち悪い告白を・・・・俺でも言わないのに)「こんなもんでいいか・・・」


A「よーし、じゃ皆せーの!送信!」

産廃「フフフwww返信が楽しみやww」


20分後

産廃「あっ!きたっ!Aにメールきた!」

A「はっ!?」しろ「内容はっ!?」

産廃「ふふふwww内容はぁw ・・・・・。」

A「おい、内容どうやったんやって。」

産廃「死なすー!!A、死なすー!!」

A「はっ!?わけわからん!ちょ来るなって!!」

しろ「どれどれ・・・ あれ?これ産廃が中学の時好きやったミキやん。こいつに送ったの?」

産廃「違う!違うからこそ、死なすー!!」


タイトル 無題

本題:ねぇ、A やっぱり付き合うの無理かな。Aに他に好きな人いるの知ってるけどさ
私だって中学の時から好きやったし、Aほど気合う人いないし・・・








A「はぁはぁ・・・んはぁ・・はぁっ」産廃「はぁ・・・んっ・・はぁっ・・」

しろ「なんかお前らエロいぞw てかさー。」

A「何?」

しろ「俺 産廃の携帯で送った相手ってミキ(仮)なんやけど」

産廃「・・・・・・え?」

A「いや、本命の相手なんやで高野(仮)に送ったんちゃうん??」

しろ「だって産廃どうみたってまだミキの事ひきずってるっぽいからさ・・・」

産廃「・・・・(゚Д゚) い、いや。でもただの告白文なら大丈夫なはずや!」

しろ「うんー・・・ただの・・・ねぇ?」

果たして、あの告白文は「ただの」に入るのだろうか・・・




A「あ!しろねこの携帯にきましたよ~!!」

産廃「いぇー!!」

しろ「なんやろ・・・答え聞いてないのにちょっと死にたくなってきたw」


A&産廃「あれ?」


タイトル Re:

本題:うん、知ってるよ(・∀・)

ほぼ毎日言ってくれるねww


それは、何度かデートしてみてからやねw





しろ「何この文?何て送ったん?」

A「いや、ストレートに・・・」

タイトル 無題

本文:大好きやっ!俺サキ(仮)の事マジでめっちゃ好きなんやって!!
頼む!俺と付き合ってくれっ!




A「てな感じなんやけど。」

産廃「ほぼ・・・・毎日?」

A&産廃「しろ・・・お前普段からどんなメールしてん・・・?」

しろ「・・・・(;;¬з¬)」





しろ「あ・・・」 A「ん? あ・・・」 産廃「・・・・・うぇ」

しろ「来ちゃった・・・・。どする?見る?」

A「一応て事もあるかも知れんし・・・見てみろや」



タイトル 無題

本題 B君。





大丈夫ですか。


無理はよくありません。あまりにもストレスがあるなら精神科の病院に行ったほうがいいと思います。




おやすみなさい。






A&しろ&産廃「・・・・・。」

A「何か悲しい人って思われてね?」

しろ「うん、哀れに思われてる・・・」

産廃「しろー。何て送ってん?」


しろ「・・・・。これ?」




A&産廃「・・・・・・。」

A「~~~~~~~っっっっ!!!wwww」

産廃「・・・・・・・・・。しろぉ?」


しろ「・・・・ごめーんね?(ノ´∀`*)テヘッ★」
















死ぬかと思った。





したらなっ(`・ω・´)ノシ



追記にコメレスゥ

続きを読む

じこしょーかい。

しろねこ

Author:しろねこ
高3 福井住み(田舎)

帰宅部 天邪鬼 

ツンデレ

メガネっ娘大好き

ポニテ女子 愛してる

紳士(変態と言う名の)

残念な子 

最近かいたきじ。

今みてくれてる人達だにゃ。

現在の閲覧者数:

ランキングにゃ。ぽちして(´・ω・`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。